MENU

交通インフラWEEK 2020

第5回 駅と空港の設備機器展

駅と空港の設備機器展とは

駅と空港の
施設・設備・システム・サービスに関する専門展示会

国内および海外の旅客の玄関口として利用される、駅・空港の利便性およびサービス向上を目的とした 最新の「設備」「システム」「サービス」を展示します。
展示会と連動した特別講演会・出展者セミナーも、MaaS、モビリティ革命、宇宙ビジネスなど注目のテーマで開催します。(聴講無料!)

日常生活から観光需要まで、次世代の公共交通に向けた最新の製品やサービスが一堂に会するこの機会にぜひご来場いただき、未来の交通インフラを体感してください。

開催概要

会 期2020年4月8日(水)~10日(金)の3日間 10:00~17:00
会 場幕張メッセ
主 催一般社団法人日本能率協会
展示予定規模36社/81ブース(2020年1月24日現在)
来場予定者数4,000名
(※同時開催合計で32,000名)
入場登録料3,000円(税込)

WEB事前登録者および学生は無料


出展対象・来場対象

出展対象

  • 駅・空港向け設備機器
  • 駅・空港内サービス・旅客対応設備
  • 輸送・荷役機器
  • 駅・空港向けエンジニアリング
  • 最新アプリ
  • 最新システム
  • デジタルサイネージ
  • テナント(小売・飲食・サービス)
  • モビリティ
  • 防災対策 他

来場対象

32,000名 (同時開催展含む) の方々が来場します!!

  • 鉄道事業者
  • 交通事業者
  • 鉄道・駅施設管理者
  • 航空事業者
  • 空港施設管理者
  • 物流・ロジスティックス
  • 建設・エンジニアリング
  • 設計・デザイン
  • 専門コンサルタント
  • 官庁・自治体 他

2020© Japan Management Association All Rights Reserved.