MENU

交通インフラWEEK 2020

株式会社テラモト

待っていましたと飛びつくように出展
社内調査や思い込みとのギャップが埋まる

株式会社テラモト

東京本部 営業二部 営業一課 課長

荒井 茂人 氏

1.出展に関してのお立場と役割を教えてください。
展示品、展示方法の企画、開催中の運営についてのリーダー的な立場です。
2.出展前、どのような課題を感じていましたか?
一昨年より出展しており、昨年の次点で今年も出展するつもりでした。
出展前に取り組んだ課題と言えば「一人でも多くの来場者の方に見ていただくにはどの様な展示にしたら良いか、又、製品の良さを理解してもらうにはどんな説明がベストか」等の運営です。
3.この展示会を知ったきっかけは?
インバウンド等に関しての開催は増えましたが、駅や空港など特定できる展示会はほとんどありません。
一昨年来、各事業者、関連施設のご担当者の方と直接お話ができる良い機会と感じております。
4.出展するまでに、何かハードルとなることはありましたか?
特に今回はそうですが、昨年よりブースを広く取っていますので費用も掛ります。どうすればしっかり結果が出せるか思案しました。
5.どのように乗り越えましたか?
駅や空港、関連施設のご担当者の方が来場になるこの展示会の特性、出展する効果を会社に理解してもらいました。
6.出展の決め手は何ですか?
当社は「快適環境の創造を通じて社会に貢献する」を企業理念としているモノづくりの会社です。駅や空港など不特定多数の方が利用する場所でお役にたてる製品の開発、製造は課題でもあります。管理者、利用者双方の情報を収集できる場、製品を提案できる良い機会であると感じています。
7.実際に出展してみていかがですか?
まず新しいお客様との出会いがありました。モノづくりの作る手として、一人でも多くの方から形状や機能などの要望、使い勝手を含めたご意見をいただくことは勉強になります。今後の製品開発に繋げていきたいと考えています。

交通インフラWEEK 2020
お問い合わせ・資料請求はこちらから

2019© Japan Management Association All Rights Reserved.